小型バイオマス発電
従来のバイオマス発電を小型化することで設置スペースを圧縮し、イニシャルコスト・ランニングコストの低減化を実現しました
50kW木質チップ発電  - 小型分散型 木質チップ熱分解ガス化発電システム CHiP50 -

もう動かないバイオマス発電は要らない

木質チップを燃料にした小型熱分解ガス化発電・給湯装置。1時間に50kg(含水率10%換算)のチップで、49kwの電気 を発電します。トラブルばかりで発電しない。メンテナンスコストばかりかかる、そんな悩みを解決し、確実にエネルギーの 地産地消ができる。信頼性の高い木質バイオマス発電システムです。

製品の特徴

  • イタリアESPE社の製品。イタリア国内での実績は55台。
  • 電気だけでも償却年数が短く、採算性が高い。
  • エネルギーの地産地消、里山保全、地域の雇用拡大にも寄与します。
  • 非常用発電として使用することが出来、防災対策としても活用できる。
エンジン及び発電機
エンジン形式水冷式内燃オットーサイクルエンジン
燃料木質からのSyngus(乾留ガス)
全高2,000mm
全長1,400mm
全幅3,050mm
排気量12,000cc
気筒数6気筒
エンジン回転数1,500rpm
発電出力49kWe
電圧400V
電流85A
力率0.83
騒音93db
発生熱量110kWh
熱分解ガス発生装置
ガス化方式ダウンドラフト
全高3,350mm
全長5,300mm
全幅1,300mm
重量2,700kg
チップ供給量49kg/h
平均ガス発生量0.036kg/s
平均ガス熱量(LCV)5.5~6MJ
平均ガス化効率>75%
灰発生量<5%
灰出し機構自動
燃料投入機構自動
作動温度>1,000°C
25kW発電給湯システム (高温燃焼炉+スターリングエンジン)

バーク(樹皮)、籾殻、農業廃棄物を熱と電気に変換

様々なバイオマス(樹皮、もみ殻、竹、剪定枝、チップ、鶏糞等)を高温で燃焼する燃焼装置と熱を電気に変換するスターリングエンジンとの組み合わせにより、安価なバイオマスコジェネ(発電、給湯)システムができました。エネルギーの地産地消、里山保全、地域の雇用拡大にも寄与します。非常用発電として使用することが出来、防災対策としても活用できます。

装置概要
最高温度(排気)1200℃
燃料鶏糞、もみがら、チップ、その他バイオマス
燃料使用量100kg/h
最高出力25kWe
給湯能力200kWt
周波数50Hz
電圧400V三相交流
エンジン回転数1500rpm

製品の特徴

  • コンテナ型で設置が簡単。
  • 高温燃焼で臭いもない。
  • 構造がシンプルで扱い易く、メンテナンスも容易。
  • 低コスト。
  • もみ殻、樹皮(バーク)、廃材チップ、竹、PKS等、様々なバイオマス、廃棄物で発電できる。
STIRLION Survival Power-1

災害非常用、アウトドアで使えるサバイバル薪発電ストーブ

今までなかった、薪・竹・廃材等、あらゆる可燃物が燃料として使用可能な発電機能付きストーブ。可能にしたのは2000年までに開発されたスターリングエンジンです。

装置概要
燃料薪、竹、廃材、その他固形可燃物
発電機フリーピストン式スターリングエンジン及びリニア発電
発電出力600W
(エンジン最大出力は1000W、燃焼状態による)
電圧100/200V(専用PCS使用)
周波数50/60Hz(専用PCS使用)
燃焼方式ロケットストーブ方式
暖房面積115m2(35坪/70畳)
サイズ400x950x1350mm(WLH)
重量200kg

製品の特徴

  • 究極のサバイバル発電!薪・廃材等、あらゆる可燃物が燃料となり発電が可能。
  • 最大1kWの発電が可能。
  • 高い信頼性。世界で唯一の量産スターリングエンジン使用。EUでガスコジェネとして約20000台の実績。
  • 発電機はメンテナンスフリー。エンジンオイル、ベアリング等交換部品なし。
  • 高い静粛性でとても静か。夜間でもどこでも気兼ねなく使える。
  • ロケットストーブ方式で煙も少なく高燃焼。